街の先生

ボランティア活動で、小学校での英語活動のお手伝いを始めました。

初めての授業は、4年生でした。4年生というと、自分の子供の頃の思い出があるだけで、今はなかなか触れ合う機会がないため未知の世界でしたが、授業が始まると、お手伝いする私までが楽しませてもらい、子供たちのあふれほどのパワーをたくさんもらうことができました☆

クラスによって、雰囲気も反応もさまざまでしたが、子供たちの一生懸命な姿、できた時の嬉しそうな顔は、やっぱりまだまだ素直で、かわいらしいですね。

この活動は、6,7年ずっとボランティアをしている二人の方が中心になり、授業内容を決め、先生と打ち合わせをして、外国から派遣されて来ている英語の指導者の補助をするということをしています。授業の内容、役割分担、子供たちのフォローなど、ボランティアの方たちの一生懸命な姿、この活動を楽しんでいる姿は、私が想像していた以上のすばらしさで、すごく感動し、共感でき、その中で一緒にお手伝いをできることを、とても嬉しく思っています。

ボランティアの大先輩たちは、子育ての大先輩でもあり、私のよきアドバイザーでもあります♪子供たちから元気パワーをもらい、大先輩達から心をほぐしてもらえるこの新しい出会いに、とても感謝しています。
[PR]
by mimi_mihorin | 2006-09-23 23:36 | たわいもない話
<< なんで似るかなぁ・・・(笑) たまにはにぎやかに♪ >>